三つ子の魂

友達が帰ってきました 嫁のスマホにlineをくれました その音を聞いて これから友達にline送りました 1分話ます 初めて友達を信じようと思いました 今まで友達に意地悪されてきた 生まれてからすぐに 俺は友達に本当に意地悪なれてきました 近所に住む同い年の女の子 大家さんの娘なんとなくさからえないなと思ってきました 利害関係をしていました いつもいじめられていました その頃の方が心の底からにくかったです 友達っていうものを信じられないとおもっていました 本当に心の底から憎んでいました 今でも憎んでいます もしかしたら一緒に行くのかもしれません それは仕方がないことかもしれません 俺の課題は その女の子と ほかの人たちは 別の人だということです 別の存在だと認識することです 三つ子の魂百まで といいます これからの俺の課題です肉親を土台として、他者へと関わっていく。
それが俺の課題ですがんばります