古家を買うことです

昭和の人間には、とは、自分のことですが、昭和は、物がないので、とても物を大事にしました。ところが、都会に、人口が集中すると、生きるスペースがもののよってふさがれるというKとになるのです。どこでも言われますが、人間よりもものに住宅ローンを払っているといわれます。もったいないです。ローンは高いですから。そこで、物を捨てないといけなくなるのです。ただし、ここは我慢をして、捨てたほうがいいのです。あまり思い出しません。もちろん、思い出は捨てられませんが、捨てる時は悲しくても、すっきりスト、必要なものがわかります。節約にもあるのです。ありかがわかるのです。
きっと奥さんがいるといいのですが、ずぼら奥さんもたくさんいます。都会に住みたいのであれば、田舎に家を買って、そこを倉庫にしたほうが節約になります。倉庫もほしい人はいますから、普通の家を倉庫に知るのです。気持ちもおさまるし、モノもあるので安心です。
安いですよ。地方は、余っていますから。東京に近くても、そこで、トランクルームをしてもいいかもしれませんね。ただ、トランクルームでは、休憩ができないので、古家を買うほうがお得でしょう。その街のこともわかるのでお得です。